薬剤師の転職のデメリット

薬剤師が転職を行うことのデメリットというのは、一般的には無いとは言われているのですが、転職を繰り返すことによって現れてくる可能性があります。というのも、これまでならば薬剤師は転職をするのには有利であるといったことや、退職をしたとしても、いつでも好きな時に復帰することが出来ると言ったイメージが強かったのです。しかし、薬剤師のパートやアルバイトの求人募集の数は最近減っていると言われています。ですから、例えば仕事を一回辞めたとして、今度パートやアルバイトで復帰したいと考えたとしても、条件によっては雇ってもらうことが出来なくなる可能性があるのです。それから、薬科大学が4年制から6年制になったことによって新卒者が増えてくるため、安易に転職を繰り返してしまった人が不利になるという可能性があるのです。ただ、薬剤師の転職に関してはブランクは関係ないと言われています。しかし、パソコンを使うことが出来なくては仕事にならないようになってきていますし、年齢的にパソコンの操作が厳しいという人に対しては採用を見送るというケースもあり得ます。こういったことから、あくまでも転職に関しては慎重に行うべきであるということが言えるでしょう。

薬学生向け求人をチェック

Copyright (C) 2007-2014 薬剤師の口コミについて All Rights Reserved.